ホーム  
 
■ オーダーのベースとなる、各作家の基本モデルをご紹介します。
基本モデルのガイド / 製作作家のご紹介(五十音順) 京都陶磁器研究会

掲載作品はあくまで基本モデルです。表現や価格などのめやすとしてください。 (焼き物は焼成誤差が大きいため数値の表記を5mm刻みとしています)
オーダーの際はアレンジのご希望をお聞きした上で別途見積りをお出しします。 個別特性参考表をご一読の上ご相談ください。
軽微な変更の場合は基本モデルと同等として製作させていただきます。
ご購入を検討したい品やお好みの表現・テイストが見つかりましたら、別頁「オーダーの流れ」をご一読いただき「問い合せフォーム」をご利用ください。
( お電話でのお問い合せー052-703-4741 伊吹物産エッセンス事業部 )
オーダーを受けての製作のため製作期間を頂戴いたします。 また、一品一品の手作りであり、特に味わいや風情を主とした焼物であることから、掲載画像と色や出来上がりの雰囲気が異なることがあります。手作り故の許容値をお含み置きください。
※ 手洗鉢には25mm型の排水金具を合わせてください。(別売)
釉裏紅 唐草花鳥紋手洗鉢
約φ240×140mm
¥ 68,000
磁器
ロクロ成形
全体的に暖かい赤色を帯びるように外側全体に花唐草を描き、その中に鳥を飛ばしました。
お使いになる方が、おだやかな気持ちになれたらと思いデザインしました。
動物や植物の絵柄が多い為、和やかな雰囲気の場所や、幼稚園、病院など使う方がホッとできる空間のひとつになってもらえたらと思います。
 
鳥獣戯画手洗鉢
約φ290×115mm
¥ 28,000
陶器(白荒土)
ロクロ成形
普段製作している商品の柄から、日本らしくて誰もがご存知の鳥獣戯画を手洗鉢に施しました。透明の釉薬を使用し、その上から上絵具での絵付けを施します。
素地の土には耐久性の強い土粘土を使用することで、長く御使用いただけ、年月と共に味わいが出てくる風合いになっています。
長屋、京町屋等の和モダンな雰囲気の一軒家から和風居酒屋の店舗などの使用環境をイメージしました。
 
 
葡萄文様飴釉手洗鉢
約φ220×95mm
¥ 180,000
磁器
ロクロ成形
透明な飴釉を用い、手描きの鉄絵で葡萄の文様を施しました。調合には「灰」を使わず、貫入を防いでいます。
焼成は1250℃、20時間以上。
水が飛び散る事を防ぐために、口に少し広がりを作りました。
店舗から一般住宅まで広くお使いいただくことを想定しています。
 
 
窯変黒楽手洗鉢
約φ260×120mm
¥ 350,000
陶器
手作り、手仕上げ
楽焼という、世界でも類を見ない技法を使った焼き物の手洗鉢。
楽焼には1200℃近くまで熱した窯に品物を入れ、5分ほどで窯から引き出すと言う特殊な特徴があります。本来千家茶道に使用する茶椀として作られており、その過激で繊細な焼成方法も相俟って他の物に展開されることが困難とされてきましたが、今回それを当窯が可能としました。 飲食店や旅館など、例としては茶懐石料理の店舗などの使用環境を想定しています。
 
 
Aqua Bloom手洗鉢
約φ270×125mm
¥ 150,000
磁器
ロクロ成形
手洗鉢に流れる水から流れに映える水草をイメージ。表面が美しく硬質な磁器土に映えるよう絵付けをしました。
下絵具絵付を還元雰囲気による焼成を行うことで、下絵の藍色が冴えた発色になります。電気窯を使用し最高温度は1260℃で焼きます。
使用環境として、公共、子供用施設などにも。無機質な場所をほっと一息できる空間の一部に。
 
 
白磁七宝手洗鉢
約φ300×100mm
¥ 100,000
磁器
ロクロ成形
伝統的な技術を用いて、現代の暮らしに華やかさを添える手洗鉢を目指しました。
素材に磁器土を用いることで目に見えない亀裂への水の含浸を防ぎ、長く店舗でお使い頂けるように製作しました。
電気窯・酸化雰囲気焼成・焼成温度1230℃、加飾の色も変えることが可能です。
 
 
ルリ魚紋手洗鉢
約φ230×140mm
¥ 100,000
磁器
ロクロ成形
水が流れる中央部分を蓋で隠し、全体のフォルムも特徴的に。古代の色彩を現代のインテリアに生かしました。
筒に土を入れてしぼり出して文様を描き、花鳥風月を題材にしたものや奇抜なデザインまで多種多様です。そこに色々な彩を入れて焼き上げます。焼成は電気炉を使い酸化雰囲気で最高1230℃で、その後に交趾の焼成として780℃で再度焼きあげました。
 
 
花結晶手洗鉢
約315×290×130mm
¥ 38,000
磁器
ロクロ成形
華やかな釉の味わいと設備品としての使用感の良さ。双方の調和にこだわりました。伝統的な清水焼とは違う「現代の清水焼」をイメージして作りました。
花結晶(はなけっしょう)は、表面に花が咲いたような美しい釉薬です。花結晶は亜鉛結晶ともいわれ、名前の通り釉薬に酸化亜鉛(亜鉛華)が多く含まれます。 釉薬の中に含まれる亜鉛華が冷却中に、雪の結晶の様に模様を作り出す不思議な釉薬です。
 
 
干支模様手洗鉢
約φ405×120mm
¥ 200,000
磁器
ロクロ成形
交趾焼の華やかなコントラストが映える和柄。 従来の交趾焼に於ける低火度焼成絵具を改良して、高火度焼成により硬度を高めた新しい交趾焼の誕生品です。
紋様の描き方は一陳盛(イッチンモリ)と称し、陶土を泥状の状態にしたものを口金を付けた筒状の袋に入れ、それを押し出して紋様を描く少し特殊な技法での製品です。  
 
 
四季草花手洗鉢
約φ280×115mm
¥ 100,000
磁器
ロクロ成形
風情ある和柄を空間にシンプルに生かす。 伝統的技法の下絵による染付です。下絵の発色を良くするため電気窯による還元雰囲気焼成をしています。
≪ 下絵による染付とは ≫
800℃程度の温度で一度仮焼した素地の上に呉須と呼ばれる原料で絵を施し、その上から1200℃以上の高温で融ける釉薬を施したもので、焼き上がった時には藍色に発色する。
 
 
虹彩霧滴手洗鉢
約φ280×100mm
¥ 120,000
磁器
ロクロ成形
現代的な造形で銀色に輝く天目釉の手洗鉢は、インテリアのアイテムとして活用することで伝統とモダンさを両立させた空間が生まれます。
天目釉の焼き物はこれまで茶碗を中心に作られてきましたが、今回は現代的な造形を目指し、また独自に研究してきた天目釉の表情を生かした手洗鉢として制作しました。茶碗の見込みに現れる釉薬の表情を眺めるように、この手洗鉢の風情もお楽しみください。
 
 
四季草花手洗鉢
約φ335×130mm
¥50,000
半磁器
ロクロ成形
京焼の伝統的な図柄を用い、現代の生活空間に合うよう使用しやすい形やデザインを考えました。手作り・手描きによる製品の温かみを感じていただきたいと思います。
電気窯を使用し、還元雰囲気焼成という特殊な焼成方法を用います。最高焼成温度は1220℃、その後上絵を750℃で焼付けます。
作品には下絵付けと上絵付け両方を施し、枯淡ながら奥行きを感じさせる表現を心がけました。
 
 
黒陶古都雅手洗鉢
約φ300×100mm
¥ 30,000
陶器
ロクロ成形
古都をイメージし、仕上文様に五重の塔を施しました。(サイズは塔部分を含まない表記です)
還元焼成による素朴で渋い色合いと素地の強さが特徴です。 仕上の文様は基本モデルの「五重の塔」以外、城など特徴のある様々な造形の相談に応じます。
  飲食店やホテル等インテリアの特徴付けに、陶芸によるこだわりの演出はいかでしょうか。
 
 
彩桜絵手洗鉢
約φ245×110mm
¥ 85,000
陶器
ロクロ成形後、手削り仕上げ
抹茶碗で好評を頂いている「桜尽くし」で手洗鉢を彩りました。
細かい桜の彫りと陶器には珍しい紫・淡いピンク色をお楽しみ頂ければ幸いです。 外側には横目のカンナ削り「五山」という波打つ口元成形、いずれも楽茶碗の伝統的仕上げ方法を施しております。(基本モデルは「楽焼」ではありません)
 
   
  www.essence-i.com
Copyright 2004 ibuki craft co.,ltd. All Rights Reserved.
プラバシーポリシー